休眠植物

主に夏眠や冬眠する植物を増やしています

2月のチューリップ状況


f:id:thkao:20230203203323j:image

チューリップ、1月の間はほぼ動かず、前回の投稿からそれほど変化はありません。


f:id:thkao:20230203203301j:image

このプランターの手前にも2品種植えたはずなのですが、こちらはいまだに芽すら出てきません。

2月、3月に芽が出るのもあるらしいので「きっとこれから芽が出る」と信じて様子見します(腐ってないよね?ガクブルガクブル😰)

不安に駆られて、いま根をいじるよりは、駄目だったら駄目でしゃーなしと思って、放置です😅

 

昨日植えたチューリップのプランターと合わせて、チューリップだけで3プランター6品種?(貰い物の球根は品種が分かりませんが。。。)になりました。

 

来週以降また暖かくなってきそうなので、もうそろそろ大きく動き始めてくれないかなぁ〜。

 

プランターの水抜き穴加工と、貰い物のチューリップ球根の植付け


f:id:thkao:20230202222232j:image

1月末にチューリップの球根をいただきました。


f:id:thkao:20230202222532j:image

球根によっては、分球しているものもあります。

こんな時期から植えるのは遅すぎると思っていましたが「2月に植えても開花した」というインターネットの情報を見つけました。

その情報によると、植付けの時期が遅いと花も小ぶりになるみたいですが、咲いてくれたらラッキーぐらいの気持ちで植えてみます。

 


f:id:thkao:20230202222739j:image

プランターは、実家に眠っていたこれを使っていきます。


f:id:thkao:20230202222956j:image
f:id:thkao:20230202223006j:image

下の網を外したら、水抜きがこの一箇所しかありませんでした。

土を入れる前にプランターに穴を開けて水抜けを良くしてから使います。


f:id:thkao:20230202223227j:image


f:id:thkao:20230202223249j:image


f:id:thkao:20230202223303j:image

ドリルの径が細いのしかなかったので穴あけした近くに穴あけして、それぞれの穴を繋げて大きめの穴にします。


f:id:thkao:20230202223513j:image

プランターが古いとプラスチックが硬化してるので割れやすくなってます。力任せに穴あけしようとしたら呆気なく割れてしまいましたが、気にせずこのプランターを使用します。


f:id:thkao:20230202223739j:image

全体的に穴を開け終わりました。穴の数や位置はいい加減です。


f:id:thkao:20230202224101j:image

f:id:thkao:20230202224113j:image

土が切れてたので、ホームセンターで【花ちゃん培養土】なるものを買ってきました。


f:id:thkao:20230202224339j:image

f:id:thkao:20230202224425j:image
f:id:thkao:20230202224441j:image

半分ほど入れて、元肥を入れて混ぜます。

そして、培養土をプランター上部まで足します(用土の下半分が元肥混ぜ込み。上半分が培養土のみになるようにします)


f:id:thkao:20230202224839j:image


f:id:thkao:20230202224848j:image

球根を並べたらスコップで穴を掘って埋めていきます。

f:id:thkao:20230202225046j:image

すべて埋め終わったら土をならして、水やりをして植え込み終了です。

 

さて、もう二月ですが、こんな時期からでも本当に育つのか、開花もするのか、どうなるか分かりませんが、球根を植えると春が待ち遠しくなります。

少し違うかも知れませんが、宝くじを買ってワクワクする気持ちが思い起こされました。

 

まとめ

もらった球根や種はとりあえず植えろ。

結果が分かるまでのワクワクドキドキが楽しい。

プラスチックは劣化する。

この寒波をよそに、なぜか動き始めようとするパキポディウムとアデニウム


f:id:thkao:20230125194026j:image

寒波が来るというのに、動き出そうとしているパキポディウム 恵比寿大黒さん。。。

 

恵比寿大黒は数株あるのですが、動こうとしているよはこの子だけです。


f:id:thkao:20230125194111j:image

周りを見てみると、アデニウム ソマレンセも葉を展開させはじめてました。


f:id:thkao:20230125194534j:image

と、いうか、この株だけが落葉していて、これ以外の株は葉を落としてません。

と、いうか、この株だけ肌色悪かったので、死んだかと思ってました😅

他の株は肌色が緑なのに対して、これは肌色が黄色くなっているので「あー、ダメかー」と思ってましたが、葉が出始めているので生存確認ができました。

 

 

冷え込みそうなので、冬型ケープバルブ類を室内へ


f:id:thkao:20230124153348j:image

冷え込みが激しいとの予報なので、冬型ケープバルブも室内に取り込みました。


f:id:thkao:20230124153459j:image


f:id:thkao:20230124153506j:image

だいたい同じような管理をする植物を同じ育苗トレーに入れているので、トレーごと移動するだけです。

予定では来週後半にはまた外に出すつもりです。

 


f:id:thkao:20230124154217j:image


f:id:thkao:20230124154226j:image

サボテン達は軒下のままです。。。

 

 

と、思ってましたが、

f:id:thkao:20230124190253j:image

風が強く、軒下関係なく降込みが激しいので、いったん玄関へ入れて雪を溶かします。


f:id:thkao:20230124190454j:image


f:id:thkao:20230124190508j:image

アガベ ポタトラム(雷神)は毎年寒波後にダメージが激しいので雪が降る前に取り込もうと思って忘れてました💦

寒さに当たると葉の細胞が死んで半透明っぽい黄色になります。これは寒さに当たって後日なるのですが、今回はそれほど寒さには当たってないと思うのですが、どうなる事でしょうか。

毎年毎年寒さに当たっても生き延びてくれてるのは純粋に強いと思います。

王冠咲きサボテン マミラリア


f:id:thkao:20230118130713j:image

f:id:thkao:20230118130739j:image

f:id:thkao:20230118130747j:image
f:id:thkao:20230118130813j:image

ただただマミラリア花が可愛い。

サボテンの中でも健剛種の多いマミラリア。

そんなこんなで普及種となり、お値段も手頃で育てやすく花もかわいい。

控えめに言って、最高です。

 

サボテンの頂点をぐるっと一周覆う様に花が咲く【王冠咲】が多いのもマミラリアの特徴でしょうか。

なかなか綺麗な王冠咲きにしてあげれた事がないのですが、上手く育ててる方のマミラリアは本当に綺麗な王冠咲きしていて、可愛いを通り越して【美しい】です。

 

 

マミラリア カテゴリーの記事一覧 - 休眠植物

ラケナリア、マッソニア系など、ケープバルブ類の花後と種鞘


f:id:thkao:20230117123623j:image

今回は、あまり焦点の当てられない、しかし植物を育てている人なら目にするであろう、花後の写真を集めました。

まずはラケナリア ヴィリディフローラ。花が下から順番に開花していき、一番上のまで咲ききると花の終わりです。

来年また鮮やかな翡翠色の花に期待です。

翡翠色の花と言ったら何を思い浮かべますか? - 休眠植物

 


f:id:thkao:20230117124342j:image

f:id:thkao:20230117124402j:image


f:id:thkao:20230117124426j:image

ロンギベス、ヒルスタ、ポリキセナ エンシフォリア。

開花時はそれぞれ違いがありますが、花後はただ汚いだけですね💦

マッソニア ロンギペス満開と各種マッソニア - 休眠植物

 


f:id:thkao:20230117124752j:image


f:id:thkao:20230117124805j:image

ポリキセナ ピグマエア。開花時期よりも葉が大きくなり、種も付けてます。

 


f:id:thkao:20230117125142j:image


f:id:thkao:20230117125241j:image

プシラにも種鞘が出来てました。

 

まとめ

花は数日から数週間で終わる。

花後は花殼が枯れて汚く見える。

種が出来てると嬉しい。

マッソニア デプレッサに溜まった蜜を味見してみた


f:id:thkao:20230114113906j:image

マッソニア デプレッサが開花してました。


f:id:thkao:20230114113948j:image

花の下に蜜を溜めています。これでげっ歯類(ネズミなど)をおびき寄せて受粉をさせるようです。


f:id:thkao:20230114114541j:image

f:id:thkao:20230114114555j:image

綿棒で蜜を採ろうと思いましたが粘度が高いのか、あまり吸収されませんでした。

(後ほど分かりましたが、色が無色透明なので吸収しているのかしていないのか分かりにくいだけでした)

 

そして、味見してみるとハチミツの様な味で、子供の頃に吸った事があるツツジ系の花よりも味が濃く、ハチミツよりは薄味な感じです。

ツツジを検索してみると、レンゲツツジには毒性があるらしく、注意喚起されていました)

 


f:id:thkao:20230114115835j:image

蜜を綿棒で吸着した翌日、蜜の量がまた増えているように見えました。


f:id:thkao:20230114120116j:image

そして、粘度の高い蜜ならピンセットで掴めるかと思いましたが【粘度はそれほど高くなく、無色透明なので綿棒で吸着できてるか分からないだけと】いう事に気が付きました。

 

まとめ

蜜の量がとても多い。

味はハチミツ(ハチミツは花の蜜なので当たり前かも知れませんが💦)

色は無色透明で低粘度。

球根、アガベ、パキポディウムなど夏型植物の現状


f:id:thkao:20230112233638j:image

冬の間、夏型植物(主に球根)達は地上部が無くなり土だけになります。


f:id:thkao:20230112233947j:image

少しアガベや冬眠しきってない球根も混ざってます。


f:id:thkao:20230112234247j:image

パキポディウム系も完全落葉してない株がチラホラ。。。

 

我が家では、冬型が動き出すと夏型が冬眠して、夏型が動き出すと冬型が夏眠するというサイクルの園芸を楽しんでいます。

数年前まで夏型植物が主でしたが、冬型植物に出会ってから、冬と夏それぞれの楽しみを覚え、今は冬型植物も増えていっています。

 

 

あまり育て慣れてないビカクシダを買ってみた


f:id:thkao:20230108204753j:image

ビカクシダはネザーランドしか育てたことがなく、それも去年水切れさせて枯らしてしまったのですが、たまたま寄った郵便局にリドレイが安く売っていたので購入してしまいました。

 

立派な鹿の角が見れるまで、枯らさずに育てたいです。

マミラリア 白星の花


f:id:thkao:20230107194925j:image

白星の花が咲いてました。

マミラリアの時期ですねー。

 


f:id:thkao:20230107195026j:image

白星はこのふわふわ感で可愛さアピールしてきます。

 

ふわふわ系のマミラリアは鉤爪が鬱陶しいイメージありますが、白星は鉤爪がないので安心して触れます。

うん、心底可愛いヤツです。

 

 

マッソニア ロンギペス満開と各種マッソニア

f:id:thkao:20230106135215j:image

マッソニア ロンギペス満開になりました。

 

↓以前の投稿はこちら↓

マッソニア ロンギペスとデプレッサ - 休眠植物

 

f:id:thkao:20230106135007j:image

横からはこんな感じです。

以前と比べると今の方が真ん丸で綺麗です。

 

f:id:thkao:20230106140745j:image

デプレッサは蕾のまま動いてません。

 


f:id:thkao:20230106140856j:image

ヒルスタはこんな感じの花です。

花粉の所が緑色っぽいです。

実生アガベ?いえ、チューリップの新芽です


f:id:thkao:20230105202138j:image

こーゆー形状の双葉を見ると、アガベの実生に見えてしまう人もいると思います。はい。それ私です!!

今まで見てきたものや自分の知ってる知識、慣れ親しんだものに引っ張られてしまってますね💦

ちなみにコレはチューリップ リトルビューティです。

 


f:id:thkao:20230105202944j:image

こっちはアルバコエルレア オクラータです。

まだ芽が出始めたばかりですが、春に花咲くのが楽しみです。

トラック荷台がチューリップ花壇


f:id:thkao:20230104084630j:image

旅行先で出会ったチューリップ。

トラックの荷台が花壇になってました。

 


f:id:thkao:20230104085110j:image


f:id:thkao:20230104085129j:image

前方から見ると三輪車ですね。トゥクトゥク的な乗り物でしょうか。

 

に、してもチューリップの開花早いですね。品種の違いにより早生(ワセ)もあると思いますが温度管理などをして早咲きさせているのでしょうか。

 

 

花が咲いて、花が終わったラケナリア プシラ


f:id:thkao:20230103194659j:image

ラケナリア プシラの開花していた頃。

 


f:id:thkao:20230103194747j:image

花が終わった現在のプシラ。

撮影場所の影響で葉の色味が違って見えてます。

 


f:id:thkao:20230103194836j:image

シーズン始まりの頃はこんな感じでした。

シーズン始まりの頃は毎日いろんな鉢を見て「芽出てないかな〜?」と、チェックしていたのですが、土と同化していて、このサイズになるまで気が付きませんでした💦

 

 

ラケナリアは葉が2枚だけのタイプが多いのですが、プシラは平たい葉が複数枚展開するタイプという所がお気に入りポイントです。